☆army's ひととき☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ベッカム選手の悲運

<<   作成日時 : 2010/03/16 17:47   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

哀しいというか残念というようなスポーツニュースがひとつ。

アキレス腱断裂のベッカムが手術、執刀医「W杯は絶望的」 - ISM
のデービット・ベッカム選手が試合中にアキレス腱断裂の大怪我をし、
ワールドカップ絶望だと言います。

スポーツ選手にとって怪我はつきものですが、怪我をした本人はとてもつらい。
ましてや大きな大会を目前に控え、
それを目指して日夜練習をし家族を犠牲にまでして続けてきた努力が報われないと知ったとき、
絶望の淵にたたされるでしょう。

プロのサッカー選手でさえ、怪我に泣くこのスポーツの宿命。
「あのときあんなプレーしなければ・・・」とか
「もう一歩足を速く動かせたら」とかのレバ・タラ論ばかり考えてしまいます。
仕方がないといえばそれまでですが、悔いは残りますね。

三男の部活も結構、怪我人が多いといいます。
頑強な身体を誇る三男も、くたくたで部活から帰ってくると、バタン、キューの世界です。
まだ捻挫や靭帯を痛めてはいないものの、膝が少し痛いようで。。。
アスファルトの坂道を何回も何回もダッシュしているらしい。
アスファルトは、膝に来るんですよね。
体力をつけるにはダッシュも仕方ないでしょうけれど、足を痛めない練習方法はないものでしょうか。
また怪我をしてできなくなったらどうしよう。。。
「目には涙がにじみ出て・・・」のベッカム選手の記事を読むたび、
去年三男が怪我をしてトレセンの最終審査を欠場したことが思い出されます。(T_T)

学生でも悔しい。プロならもっと悔しいでしょう
ファンとしてもあのベッカム選手のプレーが見られないのはとても寂しいです。
でも不屈の精神のあるベッカム選手のこと。
奇跡の復活、あるいは『災い転じて福となる』の強運を祈ってます。
怪我にも負けない、逆境を乗り越えたベッカム選手の復活は、
次の時代を担う若い選手たちへの励みにもなると思いますから。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベッカム選手の悲運 ☆army's ひととき☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる