☆army's ひととき☆

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカー推薦?ちがいます

<<   作成日時 : 2009/09/10 23:56   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりに三男の中学生のときの先輩のお母さんにあった。
「元気だった?お久しぶり」という平凡な挨拶に始まって、
「そういえば、三男ちゃん、元気でサッカーしてるってね」と三男坊の話になった。
「うちの子が不思議がってるの。なんで、あいつがあの高校にいってるのって?
サッカー推薦で行ったのにしては、あまりサッカー強いっていう学校でもないし。」
「サッカー推薦?とんでもない。家の子は第一志望は都立だったんだけど、ちょっと行けなくて。
併願でおさえたところよ」
と、弁解。でも、併願校を選ぶ時苦労したのだよ。先輩ママ・・・

サッカー推薦で行くほどの熱意が中三の頃の三男にはなかった。
それどころか、サッカーを辞めようと思っていたからね。

中一の頃はサッカー好きで担任の先生からは
「サッカーしている時だけですね、生き生きして元気なのは」といわれたぐらいなのに。
中二になって、顧問の先生が変わってからは、
意地だけでサッカーを続けてきたようなものだった。
一言でいうならば、顧問の先生との相性なのだけど、
いろいろ複雑な事情もあり、「サッカーやめたい」とか「転校したい」とかグチグチいう三男を
「最後までやりなさい」と励ましつづけた。。。

中途半端に部活をやめると、(まして、中二の二学期に)
余った時間を遊びに費やしてしまう。
三男坊は充分そういう素質を持っているヤツだから。
今、やめさせたら、ろくな事にならない。と私は必死だった。
足の怪我もあったので休部させて、なんとか冬の大会には復帰させたけど、
彼に熱意はない(そりゃそうだよね、キャプテン交代させられていたんだから)

三年になって引退したら、もう、全然サッカー部に顔もださない。
そのくせ、ボールがけりたくてたまらなくなり、
夜とか一人でボールをけったり、走りに行ったりしていたっけ。

高校に行ったら、もう一度思いっきりサッカーやって欲しくって
学校見学も行っていたのに、ココというところがなかった。
最後に見学に行った学校で、校庭のことを直接聞いた先生が今の三男の担任。
サッカー部の顧問と知り話をして、三男もまあまあの好印象。
だから、併願はここにしょうと決めたのだった。

サッカー推薦なんかじゃないよ。
高校生活始まってからもサッカーするかどうかわからない状態の子だったから。
でも、いざ始めると、やっぱり、サッカーだよね。
またここでサッカーやめたら、今度こそ、三男のもどるサッカーホームはない。
普通なら、中学校のOBとして出身中学でやれるんだろうけど、
三男は絶対にしないだろう
だったら、ココで最後までやるしかない。

「勝てないからつまらない」とまたグチグチ三男が言い出してきた。
勝てない理由は自分達で考えて、それを話し合って解決しなさい。
と声を大にして言いたい。

ラストスパークの年、せめて一度ぐらい納得のいくサッカーを三男にやらせてやりたい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、ささっちと申します。
三男さんがうらやましいです。
サッカー思いっきりやれるのは学生の頃だけ。
悔いないようがんばってください。
恥ずかしながらサッカーの回顧録、素人解説、
フットサルの成長期を書いたブログを
はじめました。
宜しかったら見に来てください。
お邪魔しました。
ささっち
URL
2009/12/04 12:52
ささっちさん
コメントありがとうございました。お返事おそくなってすみません。三男のことでは本当に心労ばかりです。(^_^;)
アーミー
2009/12/13 00:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サッカー推薦?ちがいます ☆army's ひととき☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる