☆army's ひととき☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国(讃岐・阿波・土佐・伊予)の旅  Eうどんとこんぴらさん

<<   作成日時 : 2011/10/04 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

四国旅行、最終観光は出発点の讃岐の国、
現在の香川県。

香川県といえば、金比羅さんが有名ですよね。
ホテルに宿泊し、
次の日の朝早く、私たちは金比羅さん参りをしました。
御本宮まで785段あるといわれる
急な石段を、てくてく、てくてく、
時には一息入れて当たりを見回し、山の風景を眺めたり、
上を見上げて、はるかに見える本宮の屋根を確かめたり。
40分ほどでついた頂上は、
街を見下ろす展望台つきの、緑豊かな御本宮です。

画像


画像

「一生に一度は行きたいこんぴらさん」と
パンフレットに書かれていますが、
本当に私は初めてお参りしました。
子供の頃読んだ小説に、
壷井栄さんの「二十四の瞳」があります。
瀬戸内海の小豆島を舞台に、
新米の女教師大石先生とその教え子十二人の物語です。
ストーリー後半で、
大石先生が結婚すると聞き、
女生徒たちがうわさする場面があります。
「新婚旅行は、こんぴらさんよ」と。
実はこの時初めて、金比羅さんの名前を知ったのです。
何十年もたってから、
やっとお参りすることが出来、
「おまたせしました」と深々と頭を下げて来ました。

御本宮に参るまでの道のりを歩くのも、とても健康にはいいこと。
昔の人はお参りをして、
自分の体もきたえ、毎日の幸福を願っていたのでしょうね。
緑の山のこんぴらさん、
全部木で出来ており、
なんだか、とても親しみのある御本宮でした。

もう一つの名物は、「讃岐うどん」です。
宿泊したホテルでいただいた、
讃岐うどんのサービス券をおおいに利用しようと、
こんぴらさんから帰宅し、大急ぎでチェックアウトをし、
指定うどんやへ。

注文したのは、有名な「ぶっかけうどん」
画像

シコシコ麺に少量のだし汁をかけていただくものです。
薬味や大根おろしをのせ、
しょうがをすりおろして食べるのが、この辺りの食べ方だそうですよ。

麺好きの私たち、
やはり、本場の麺はおいしいと意見が一致。
とても楽しい思い出で旅行の幕を閉じました。


PS
帰宅後のお土産話で、慌て者の私、
「手打ちうどん」と「讃岐うどん」が頭の中で一緒になってしまい、
「てぬきうどん」と言ってしまい、
家族中の笑い者になってしまいました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

恐るべきさぬきうどん?麺地創造の巻 (新潮OH!文庫)
新潮社
麺通団

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恐るべきさぬきうどん?麺地創造の巻 (新潮OH!文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国(讃岐・阿波・土佐・伊予)の旅  Eうどんとこんぴらさん ☆army's ひととき☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる