☆army's ひととき☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国(讃岐・阿波・土佐・伊予)の旅 D城と文学と温泉

<<   作成日時 : 2011/10/01 16:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

豪雨の中、やっとの思いで辿り着いた愛媛県松山市。
夜の7時近かったので、
そのまま予約していたホテル「椿館」に直行。

次の日、朝一番でお目当てのひとつ、『道後温泉本館』へ。
画像

この温泉は『千と千尋の神隠し』のモデルになったと言われ、
日本で最古の温泉として知られているそうです。
明治の文豪夏目漱石もこの温泉を気に入り、入り浸っていたとか。
そうです。
ホテルではなく、この「道後温泉本館」は「お風呂屋さん」なのです。
ですから、何も持っていなければ、
入浴料の他に、
シャンプー、石鹸、タオルの賃料を払って、借りなければなりません。
そして、時間内の入浴・・・、少し慌ただしい。
(詳しくはコチラで 
    
   http://blog.livedoor.jp/allmytime/archives/51016752.html

お風呂上がりに散歩するならば、
秋山好古氏(「坂の上の雲」の主人公の一人)のお墓参拝コース。
「椿館」の近くにお墓がありました。
ここに参拝したあと、
松山城と「坂の上の雲ミュージアム」へ。

松山城は
ロープーウェイで上がるほどの小高い山の上にあり、
山門の建築と、石垣の城壁の美しさに感激でした。
画像

『坊ちゃん』にちなんでか
観光キャンペーンガールは袴姿のマドンナの格好。
お願いすれば、松山城をバックに一緒に写真に入ってくれますよ。
(詳しくはコチラで
    
   http://blog.livedoor.jp/allmytime/archives/51016732.html

愛媛のもう一つの文学のブームは、『坂の上の雲』。
立派なミュージアムまでできていて、
秋山兄弟ブーム、一色。。。
愛媛といえば、
小説『坊ちゃん』のイメージしかなかった私には、
ちょっとしたカルチャーショックでした。
しかも、司馬遼太郎さんの原作からのブームではなく、
本木雅弘さんや阿部寛さん出演のTVドラマで
再びブームになったと言うのが、なんだか寂しい。

温泉も城も文学も、
江戸時代以前からの歴史も感じる街、愛媛県。
その良さを、もう一度、ゆっくりと味わいたいと思いました。
ちなみに松山市の花は、椿だそうです。
街の雰囲気もなんだか、
ゴージャスな真っ赤な椿、そのものでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国(讃岐・阿波・土佐・伊予)の旅 D城と文学と温泉 ☆army's ひととき☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる