☆army's ひととき☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 『人斬りの恋』には桜が似合う

<<   作成日時 : 2011/05/01 16:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

東京・下北沢の「劇」小劇場で行われている
オフィスパラノイア皐月公演に行ってきました。

今年は、幕末の志士を題材にした『人斬りの恋』  
【あらすじ】
幕末の京都では、幕府を倒し維新を成し遂げようと、邪魔になる者を暗殺する「人斬り」が活躍していました。
中でも評判は西郷吉之助(隆盛)の異母黒田又右衛門と中村半蔵。幕府の要人や開国派の人々を次々と、抹殺していました。そんな中、一人の要人の殺害現場で盲目の美女牧野朋江とその夫と知り合います。朋江の夫である蘭学者牧野新三郎は実は幕府の密偵。添うと知りながら、お互いの人柄に魅かれ、親交を深めていく又右衛門に新撰組斉藤一の刃もせまる。牧野新三は中村半蔵に暗殺され、朋江とその妹八重のことを託されます。やがて、時はながれ、時代は明治になり、西南戦争がおこると、又右衛門は異母兄西郷吉之助に手をかそうと、薩摩の兄の元へ向うのです。
【主な出演者】
佐藤伸之(黒田又右衛門)、花風みらい(牧野朋江)、
平野麻美(牧野八重)、伊藤アルフ(牧野新三郎)、
武市悠資(中村半次郎)、吉田国孝(斉藤一)、
流野精四郎(西郷吉之助)、秋場千鶴子(西郷いと)、
木村望子(お伝)

幕末に暗躍していた「人斬り」
歴史のなかでは、悪役の方にされていますが、
その思想はしっかりとしたものでした。
そして、人間ですから、優しい心も・・・。
「桜が咲く頃、必ず戻るから」
又右衛門がいつのまにか想うようになった
盲目の美女朋江に、薩摩に行く前に約束した言葉です。
桜の花と人斬り、
なんだか合わないと思いましたが、
全部見終わると…、人斬りの恋には、やぱりにあっているかも…。

劇中の「人斬り半蔵」と呼ばれた後の桐野利秋や
新撰組三番隊隊長斉藤一、それに西郷さんは実在の人物です。
幕末から明治にかけて、
日本を変えようと、力と力、思想と思想がぶつかり合った史実は、
ずっしりと胸に残るものがありました。

考えてみれば近世の日本は、
少なくとも2回、大きな節目を迎えていたのですね。
一つは、この『明治維新』
閉鎖された武士の時代から開国をして新しい日本を築く激動の時代。
そしてもう一つは、『終戦』
ボロボロに打ち負かされ、無条件降伏をして敗戦国となってからの復興。
子供だった父の話では、敗戦時は、
本当に自分の世界観が180度変わってしまったそうです。
奇しくも昨年のパラノイアさんの
皐月公演は『彷徨う翼』…特攻隊の劇でした。
その時も拝見しました。(その時の記事はこちらです。)

大震災に見舞われた今はもしかすると
3回目の大改革の時なのかもしれませんね。

いろいろなことを考えさせられた「人斬りの恋
5月5日まで、下北沢小劇場で上演です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すっかりお礼が遅くなってしまいましたが、今回もご来場頂き、まことにありがとうございました。
とっても美味しい差し入れまで頂戴し、本当に恐縮してしまいました。

おかげさまで公演も、昨日、無事千秋楽を終えることができました。

アーミーさんが書いていらした、
「大震災に見舞われた今はもしかすると
3回目の大改革の時なのかもしれない」
という言葉、胸にどんときました。

先の2つは人間がおこしたものですが、
多くの命や生活が失われた事実は同じ。
また日本が、日本人が、試されているのかもしれませんね。
いろいろと考えさせられる言葉でした。

どうぞご子息様にもよろしくお伝え下さいませ。
またブログを読ませて頂くのを楽しみにしています。

ありがとうございました!!
望子
2011/05/06 11:32
望子さま
コメントありがとうございました。
そして、舞台、お疲れ様でした。
しばらくお芝居お休みとのこと、
残念ですが、また、復活される時にはぜひ拝見したいと思っています。
私もブログのほうへ
また遊びに行かせて頂きます。
アーミー
2011/05/06 16:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
『人斬りの恋』には桜が似合う ☆army's ひととき☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる