☆army's ひととき☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 負けるな!若者たち!

<<   作成日時 : 2011/03/20 13:40   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

震災の被害が大きくなるにつれ、
何とかしてあげたいという私たちの気持ちを
踏みにじるような事件がおこりました。

『千葉で募金強盗 約1万円奪い逃走』 
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110319-OHT1T00238.htm

自主的に募金活動を行っていたのは、
地元の県立高校3年生(おそらく新学年だと思いますが)だとか。
ちょうどこの日、私は、
知人の告別式があり、千葉方面へ出かけていました。
事件のあったのは、京成線八柱駅ですが、
私はその一つ隣りの松戸駅で募金活動をする高校生を見ました。

「こんにちは」
「高校の許可を得て、被災者の方々への募金活動をしています」
「よろしくお願いします」
と、大きな声を出し、一生懸命に道行く人に呼び掛けていました。
駅は違っても、同じような募金活動がされていたのですね。
急いでいたのと、細かい所持金がなかったので
今回はごめんなさいをした私ですが、
大きな声での呼びかけは、聞いていても気持ちのいいものでした。

募金を装った詐欺などが多くなっている中、
おそらく、この高校生たちは純粋な気持ちで活動し、
安全で正しいルートで募金を活かしてくれたことでしょう。

それを、犯人は
男子高校生を殴り募金を奪って逃げたというのです。
ひどい話善意を二重、三重にも傷つけた暴力行為だ〜。
高校生だと思ってバカにしたのでしょうか。
三男と同じ年頃の子供が
そんな目にあわされたとあって、余計に胸が痛みます。

それが元で人が信じられなくなったり、
ボランティア活動がトラウマになったりしませんように…。

社会のトップに立たねばならない大人は、危機管理に乏しく、
次々とおこる災害の後始末に右往左往しています。
被災地では、被災者の中学生や高校生たちが
自ら立ちあがって、炊き出しや給水作業のボランティアをしています。
次の日本を背負うのは、このような若者たちです。
大災害に遭った経験を上手に活かして
未来の日本へ役立ててほしいと思いました。
被災地以外でも善意の活動をする若者たちもいます。
まっすぐに、その思いが被災地へ届くことを願いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
負けるな!若者たち! ☆army's ひととき☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる