☆army's ひととき☆

アクセスカウンタ

zoom RSS はれて直木賞!『月と蟹』(読書タイム)

<<   作成日時 : 2011/01/18 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

第144回芥川賞・直木賞の発表がありました。

芥川賞
朝吹真理子さんの『きことわ』(新潮9月号)と
西村賢太さんの『苦役列車』(新潮12月号)

直木賞
時代小説の木内昇さんの『漂砂(ひょうさ)のうたう』(集英社)と
現代ものの道尾秀介さんの『月と蟹(かに)』(文芸春秋)

このうち、道尾秀介さんの『月と蟹』(文藝春秋)を
昨年9月、発売と同時に私は読んでいました。

祖父のいる海辺の町へ引っ越してきた小学生の主人公。
転校して2年たって5年生になったとき、
仲良くなった近所の子と海辺の秘密の場所で
ヤドカリを捕まえて願いをかける儀式をはじめます。
自分達ではどうしようもないやり場のない怒りを
なんとかしてほしいという願いを
ヤドカリにかけるようになっていったのです…。
家庭環境の複雑な少年達の傷つきやすい心理が、
海辺の町の描写とともに、
やさしく哀しく書かれています。
子どもの頃の複雑な感情が懐かしく思い出される作品です。

道尾さんの本が直木賞の候補にあがったのはこれで5作目。
やっと、受賞されたという感じですね。
よかった。よかった。
道尾秀介さんは
なにげない平凡な日常生活の中に存在する
人間のゆがんだ心理を
たくみにストーリーに織り込んで描くのが得意なようです。
この『月と蟹』も主人公は小学生。
子供から見た大人のゆがんだ世界がテーマになっています。

道尾さんの作品は
結構、ピュアな子供心を題材にしたものが多いと思います。
『向日葵の咲かない夏』や『龍神の雨』などもそうですね。

時間があれば
もう一度じっくりと読んでみたい作品ばかりです。
今後の作品にも期待しちゃいます。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



月と蟹
文藝春秋
道尾 秀介

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月と蟹 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新世界の到来を予言する小説(PDF電子書籍無料小説)
Amazonでの評価、平均4.8!高額プレミア付きで取引されている最高級Sクラスのハイクオリティな作品。精神現象・生命現象の概要を明らかにした世界初のSF小説-弓月城太郎の『神秘体験』(電子書籍PDF小説)完全版を無料でダウンロードできます。 ...続きを見る
新世界の到来を予言する小説(PDF電子書...
2011/02/28 19:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
挿入できるよ+.(・∀・).+$ http://jn.l7i7.com/
わかりません
2011/12/23 10:37
挿入できるよ+.(・∀・).+♂ http://www.64n.co/
わかりません
2011/12/29 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
はれて直木賞!『月と蟹』(読書タイム) ☆army's ひととき☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる